FC2ブログ

まなぶろぐ

まなぶくんのブログです。マンガ、アニメ、ゲームの雑記で成り立っているブログ。現在は休止状態です。

2007年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年11月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

終わりと始まり

新しいアニメがちょこちょこと始まりましたね。また感想を書いて行きたいと思いますが、今回は最終回を迎えた作品の感想をいくつか。

20071002145402.jpg
『School Days』
予想をはるかに超える衝撃的な終わり方で、語るよりこれは実物を見るべきだと。『君のぞ』なんて目じゃねえよ!! もうすごすぎて、ニヤニヤしながら見てました(笑)。拒絶する人もたくさんいそうです。あー、Nice boat.オチにはびっくりだった。予言?
思わず描きたくなっちゃった言葉さんのフルサイズは、『絵』の方にアップしました。

『なのは』
これは期待してた作品なだけに、本当にがっかりな出来でした。一番思ったのは、キャラ多すぎ。何食わぬ顔でどんどん出て来ないで下さい(苦笑)。
心底楽しめたのは魔王なのはさん光臨ぐらいかなぁ。最後も最凶っぽさをアピールしててステキだったわ(笑)。あとはヴィータも良かったか。新キャラではスバルが好きでした。

『エルカザド』
『マドラックス』よりも話がわかりやすく、キャラクターのやり取りがとにかく良かった。デザインもツボでした。あの独特なまったりした雰囲気に見てて幸せを感じましたね。ナディとエリスがかわいくてしょうがなかったですよ。リカルド、リリオコンビも好き。
L・Aが死んでしまったのは悲しかったなぁ。彼はいい変態でした(笑)。

『CODE-E』
姉さん、姉さんはー!? あの力は結局なんだったのかわからないし、どう見ても尺不足。あと1話は欲しかった所です。

『グレンラガン』
終わって見ると…そこまでではなかったかなぁと。作画や演出のすごさは毎回見ていた楽しめましたけど。兄貴がいた頃が一番燃えたなぁ、やっぱ。ロージェノムも大変おいしいキャラでした。ロシウが中田譲治になってたのもすごかったな(笑)。
個人的にはシモンのここぞと決める時のセリフが、兄貴のものだったのがひっかかりました。多大な影響を受けたのはそりゃあわかるんですけど、「シモンの言葉」であって欲しかったなぁと。
あと、ブータの擬人化は認めん!

『ヒロイック・エイジ』
専門用語が多くてそこら辺はちょっと追いつけなくはなってましたが、そこがわからなくてもきちんと楽しめ、燃えられる作品でした。エフェクト演出もすごかったですね。平井キャラの魅力を再確認出来た作品でもありました。
エイジとディアネイラの再会は、予測できた展開とはいえウルッと来ました。ああいう感動はいいものです。エンディングの場所は惑星オロンだったんですね?

こんな感じで。
スポンサーサイト



| アニメ | 15:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |