まなぶろぐ

まなぶくんのブログです。マンガ、アニメ、ゲームの雑記で成り立っているブログ。現在は休止状態です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

『閃の軌跡II』で思うこと

プレイメモで色々書いてますけど、改めて別記事で。『閃II』と言うよりは『閃』全体? かなり厳しいこと書いてますので注意を。


一番評価できるのはやっぱり音楽かなぁと。『II』でしたらフィールド曲がとても良かったです。あと、通常戦闘。最後の方になると使われなくなりますので、二周目始めて久々に聞いた時はやはりいいなと。騎神戦で流れる曲もハズレなしですね。曲のせいでだるい闘いも乗り越えられる(苦笑)。
ただ何度も書いているように、某バンドが好きではないのでそちら関連でアレンジされた曲だとどうしても引っかかってしまうのですが(苦笑)。煌魔城は前作で一番好きな帝都曲のアレンジなので本来なら喜ぶ所なのですが、アレンジしている方を考えると素直になれないんですわ。あと試練の宝箱の曲なんかも。メロディは悪くないんだけど…。『那由多』みたいに、歌以外関わらないで今度やってくれないかな。…ああ、もし時間がないから頼んでるとかだったらどうしてくれよう。

自分の言葉では上手く表現できなさそうなので、プロの方のツイートを使わせて頂きますが。




これを読んで、『閃』に足りないのってこういう事なんだろうなと思いました。前イベントがとにかく薄いんですよ。起承転結で言うなら、起結な感じ? ひどいと結だけなのでは? 
例えばクロウのキャラをあそこまで描くのであれば、ジュライ特区の話をB班エピソードで終わらせるとかどう考えてもおかしいです。プレイヤーは完全に箱の外です。A班の実習先にして、リィンとクロウがジュライ特区で会話するエピソードがある、たぶんそれだけでも随分違うと思います。というか、普通はやりますよねそれ。そこら辺の掘り下げを期待していたのに、幕間でおじいさんの話と帝国解放戦線を作ったきっかけをちょろっと聞かされただけで、リィンとの対決で終わりとかさ(苦笑)。リィンも言ってたけど、クロウの人生なんだったんでしょう?
結局B班の行った場所(西になるのかな?)は『II』になっても話にちょこっと出るだけで、A班が行った場所をもう一度別のエピソードで巡るだけでしたし。『零』『碧』も基本同じ所を巡っただけですが、あれはクロスベルという土地柄を考えれば別におかしい事ではないし、気にはなりませんでした。でも帝国は違います。明らかにA班で行った土地と同じような広大な場所がもう一組分あるんですよね? と考えると極端な話、それを全く無視してゲームを出しちゃったってのはとんでもない事ですよ。それで帝国編やりましたって果たして言えますか? そんなゲーム出してよくいつも「すごい」ってインタビューで自信持って言っちゃいますよね、あの方。結局ゲームシステムとかだけじゃなくて、シナリオも練ってる時間も足りてないのだと思います。新キャラも出した意味があったのか疑問だし。そんなに出すからキャラも扱いきれなくてうっすーくなって行くんですよ…。
これすごいでしょ!?って思ってる(プレイヤーが必ずともをそうは思わない)設定を次から次へと増やして世界観をムダに広げて破綻させ、個人的にはかなりどうでも良くなって来てます。『碧』プレイ後はこんな事思ってなかったのにね。どこまでグダグダにするつもりなんだろう。そして『軌跡』はどこへ行くのか…。

| 閃の軌跡II | 21:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://manabukun.blog47.fc2.com/tb.php/1624-f2cd328b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT