まなぶろぐ

まなぶくんのブログです。マンガ、アニメ、ゲームの雑記で成り立っているブログ。現在は休止状態です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

なぜかと言えば

過去の『閃II』に関する記事で、「読まなければ良かった」というコメントがされている事に気付きました。書いた人を非難するわけではないし、理由もなくただ叩いているわけでもないので記事を消す気もありませんが、少し警告文を増やしました。

という流れから、また思ったことを少し。一応畳んでおきます。


最近の自分の言動を見て、不快になるので見ないようになった方もいるだろうなと思ってます。私が何でこんなに最近のファルコムに文句を言うかって、過去に出来ていた事が目に見えて出来なくなっているからです。元々出来ていない会社だったらそもそも二次創作するまではまりません。少なくとも『那由多』までは、一生付いて行く!って思っていました。未プレイの過去作品もいくつかやって、確実に何か光る物を感じてすごいなと思っていました。
『セルセタ』から「ん…?」と思うようになり、『閃II』でご存知のこの状態です。自分で書いていて、急激な下落っぷりに改めてびっくりですが。時代遅れと言われようが、やはり碧までのグラフィックは捨てるべきではなかったんじゃないかなと思ってます。確実に評価されていた技術だったわけですし。等身大の3DCGにした事で、見た目の個性が全くない良くあるRPGになり下がってますよね。
その3DCGにしたって、もう何年も前から取り組んでいる会社の足元には一生追いつけないでしょうし。潔く技術があるところにモデリングは外注して、システムとか内容とかに集中すれば良いのではと思います。自社にこだわるが故に、全てにおいて中途半端になっているとしか感じられません。開発スパンを自ら短くしているのですから、そこら辺もちょっと考えないとまずいでしょう。『那由多』まではゲームを楽しくさせようとするこだわりを色々感じましたけど、最近はそういったものを感じられないですね。
過去記事で書いてますけど、プレイして確実におもしろいと思った過去作品を否定する気はないし、また時間を見つけて改めてプレイしたい作品もあります。一番怖いのは、ファルコムが嫌いになり過ぎて過去作品に触れたくもなくなる事です。そういうきらいがなくはないので、ある程度距離を取らないとまずいんだろうなと思ってます。うーん、やっぱり新作やらない方が良さそうだよなぁ、自分のために…。

| 雑記 | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://manabukun.blog47.fc2.com/tb.php/1635-3b600ed9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT