まなぶろぐ

まなぶくんのブログです。マンガ、アニメ、ゲームの雑記で成り立っているブログ。現在は休止状態です。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ドラゴンボール

問題作『ドラゴンボール・エボリューション』を見た。
……予想を遥かに超える駄作だった。色々もう意味がわからない。『ドラゴンボール』ではないってのは散々聞いてたけど、これは『ドラゴンボール』以前の問題だろ。作品として成り立ってないっていうか。とりあえず原作のヤムチャに謝れ。かめはめ波とか、好きな女とキスしたいがための集中力でできるようになるんだぜ? 「かめはめ波」じゃなくて「ぼんのう波」だな。
…とまぁとにかく原作知ってる人が見ると色々腹が立つこと請け合い。ネタとしても見る事をオススメできない。それでも見てみたい人は、半額レンタルの時とかに借りて下さい。
唯一おもしろかったのは、「気」とか原作の言い回しをそのまま使ってて、カッコ良く発音してくれる所か?


これだけではあまりにもなので、少し前に見た『チェンジリング』の感想も。ストーリーは

1928年。ロサンゼルスの郊外で、9歳の息子・ウォルターと幸せな毎日を送る、シングル・マザーのクリスティン。だがある日突然、クリスティンの勤務中に、家で留守番をしていたウォルターが失踪。誘拐か家出か分からないまま、行方不明の状態が続き、クリスティンは眠れない夜を過ごす。そして5か月後。警察から息子が発見されたとの朗報を聞き、クリスティンは念願の再会を果たす。だが、彼女の前に現れたのは、最愛のウォルターではなく、彼によく似た、見知らぬ少年だった――。

こっちの作品は予想よりおもしろい作品で、借りて来て良かったなと。
権力を持った者の不当な圧力の恐ろしさと腹立たしさを痛感し、息子を命がけで信じ貫いた母親の姿に心打たれました。アンジェリーナ・ジョリーの演技がすごかった。ストーリーにも無駄はなく、予想しない展開に行ったりと目が離せませんでした。終りだと思ったら最後にもう一展開あって、予想外の終り方でしたね。
映画化にあたって多少なりとも強調した所等はあるだろうけど、過去に実際あった事。ホント現実ってのは恐ろしいよな思う。『チェンジリング』は見る事をぜひオススメしたい。

| 映画 | 20:18 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://manabukun.blog47.fc2.com/tb.php/457-3b2bbf38

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。